[―]弾いたり、[×]駆けたり...

アクセスカウンタ

zoom RSS 【弦】Astrius ”Tree of Life” 改造

<<   作成日時 : 2014/09/27 10:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

先日のDeviser様の工房見学
【弦】ギター工房 初見学 Deviser
 の時に、他のメーカーのギターもメンテナンスしてくれるとの事で、サドルの交換をお願いした。

交換をお願いしたギターはこちら
愛用ギター<其の1> Astrias:Tree of Life
画像


 これまでのサドルは

GraphTech TUSQ 1/8" TAYLOR STYLE COMPENSATED ACOUSTIC PQ-9200-C0 サドル
イシバシ楽器 御茶ノ水本店
【サドルの交換について】アコースティックギターのサドル交換の際はほとんどの場合、楽器固体に合わせた微


楽天市場 by GraphTech TUSQ 1/8


を購入。
自分で好みの弦高に調整したいと、自分で削っていた。

 その時の音がこちら
サドル改前



サドルは、ギター本体のサドル の溝と底面は当然、側面もぴったりくっついていた方が、弦の振動をトップ板に効率よく伝えられる。
 実はわたくし、精密機械仕上げの国家検定を保有しているので、精密ヤスリ仕上げは多少の心得がある\(//∇//)\
 逆に上手く摺り合わせができていない(隙間なくぴったりいっていない)ことも感じていた。


 今、新たなギターの購入を検討していて、

 それなら、まず今保有しているギターを、弾きやすさも音も出来るだけ手を加えてみようと思ったから。


サドルの交換は依頼して2週間程度で上がってきた。
何度か楽器店に”サドル交換”をお願いしたことがあったが、3週間から1ヶ月掛かっていたので、工期が短いのも好感度の一つ。

サドル改



画像


材質は象牙(以前は、TUSQ(タスク)(人工象牙))

さらに、以前はアンダーサドルのピックアップが入っていたが、それも取り除いて深さを調整してもらった。

 音量は、ソフトで上昇させているが、音がくっきりはっきりした印象がある。(弦の鮮度の違いもあると思うけど・・・(//∇//)

 こうして、違いを記録に残し、聴き比べると良い勉強になる。

 こうして一つ一つの部品の機能や性能の違いを体感すると、これから選ぶギターがなぜ良いのかの参考になるかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【弦】Astrius ”Tree of Life” 改造 [―]弾いたり、[×]駆けたり.../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる